河川

洪水被害から地域を守るため、堤防、護岸、樋門・樋管などの河川施設の計画・設計を行うとともに、堤防の質的整備や迅速な災害調査に対応します。

河川施設設計

  • 河川堤防・築堤設計
  • 河川護岸設計
  • 樋門・樋管設計
  • 導水サイフォン設計
  • 管理用通路設計
堤防設計
河川護岸設計
樋門補修設計

堤防質的整備(保全、強化)

  • 堤防点検
  • 堤防の浸透対策工の検討
  • 堤防の安全性向上作の検討
  • 災害被災調査
  • 堤防開削調査による築堤履歴調査
堤防開削による築堤履歴
堤防の被災状況調査
堤防開削調査
堤防整備に関する
住民説明会などの開催補助

最適な手法により既存の河川施設を診断し、施設の機能維持・長寿命化策を提案します。
また、施設関連情報の一元化により、維持管理の効率化を図ります。

河川施設の保全対策

  • 漏水調査
  • 構造物健全度調査
  • 耐震性能照査
  • 長寿命化(老朽化)対策検討
  • 維持管理計画
堤防破堤実験
降雨や洪水による堤防及び河川構造物の被災メカニズムを解明するために、旧堤防を利用して越流#j堤に至る実験を実施しました。
護岸の削孔調査
樋管の健全度調査

その他の河川関係業務

  • 堤防点検様式集のデータベース化
  • 古資料の電子データ化
管内図等を基図として、堤防の安全性評価に関する情報(被災履歴、土質横断モデル、点検結果等)を視覚的に表現することにより、優先整備区間の確認や進捗状況の把握が容易になります。
劣化の著しい文献・図面等の貴重な資料を非接触の手法により電子化する技術で、資料破損等のリスクを大幅に解消することができ、あらゆるサイズ(巻物、大版図面等)に対応します。