火山・地震防災

火山・地震災害に対する現地調査(地表踏査・トレンチ調査・ボーリング調査・物理探査)を行い、火山や活断層の活動履歴を解明し、地域の防災・減災計画に役立てます。

火山・断層調査

  • 火山調査
  • 活断層調査(現地踏査・トレンチ調査)
火山調査(火山灰分布調査例)

東日本大震災における活断層調査

活断層トレンチ調査

火山・地震防災(ハード対策・ソフト対策)

  • 火山防災施設の配置検討と機能評価
  • ハザードマップ作成、公表手法の検討
  • 火山監視システム計画の検討
  • 各種施設・構造物の耐震性評価
火山ハザードマップ作成
(立体模型作成例)

レベル2地震動に対する安全性評価
(休廃止鉱山での適用例)
・東日本大震災の際、休廃止鉱山堆積場において鉱さいの流出事故が発生したことを受けて、レベル2地震動に対する安全性評価が義務付けられました。
・評価方法は、道路盛土と同様に地震応答解析を用いたニューマーク法により滑動量を算出します。また、地震時に発生する液状化現象を考慮する必要があることから、FEMによる二次元動的解析や液状化解析結果を加味します。
・土構造物内に水位がある河川堤防やため池堤防への適用も可能な解析手法となります。